テレビのニュースや新聞などでも度々見かけるカジノ法案という言葉や複合リゾートという言葉が当たり前のように身近に感じるようになり、日本ではこれまで賭博などが禁止されていた事も有り、当然の事ながらカジノは禁止されていたのですが、合法化を巡る議論が国会議員の方の間で活発になって来ています。2020年の東京オリンピックの招致などと合わせて色々な改革が進んでいるのですが、果たして日本にカジノは必要なのかという疑問を持っている方も多いと思います。

そもそもこの法案は、2013年の12月に超党派の国際観光産業振興議員連盟によってとりまとめられたものを、自民党と日本維新の会、生活の党の3党が合同で衆議院に法案提出された物になります。この現在によりますと、宿泊施設が一体化された特定複合観光施設を作るのが目的で、許可を受けた民間事業者が認定された地域で運営できるという内容になっております。

収益は期待できますが、同じように問題が起こる可能性もあります。もちろんそれを含めての議論になりますが、議論を理解するためには、実際どのような事が問題で、どのような事を改善しなければいけないのかをしっかりと理解する必要があります。カジノのについて詳しくない方は、こちらのカジノ大学で勉強してみてください。
https://casino-univ.com/