食の欧米化によって、油を使用した料理を摂る機会が多くなりました。
高カロリーの料理が多いですから、食事量に比べて摂取カロリー過多になり、肥満や生活習慣病になるリスクが高まっています。
仕事などでも、OA化が浸透してデスクワークが多くなり、運動の機会が減りました。
生活習慣病の1つである糖尿病は、直接の死亡原因にはならないですけど、脳疾患・心疾患をはじめ網膜症・神経障害などの合併症につながるリスクがあります。
糖尿病は加齢にしたがって増加する傾向もありますけど、高カロリーの食事・運動不足等により子供をはじめとした若年層にも発症例が増加しています。
原因として上げられるのが、糖分や油分を含んだ料理を摂る事により体内に活性酸素の増加が考えられます。
すい臓の細胞は活性酸素が増加する事によって、機能が低下しインスリン量が低下してしまうものです。
対策としては、食事量を減らしたり、運動を追加したり、サプリメントなどを取り入れる方法が考えられます。
食事を我慢する事でストレスがたまりますし、運動をする事は健康面で必要ですけど、時間が必要になります。
サプリメントを服用し続けるには、費用がかかります。
食事内容を変えずに活性酸素を減らす為に有効な生活習慣として、水素水を飲用する方法があります。
摂取した活性酸素を中和する事で減らす効果が期待できます。
日常生活における水分摂取を変更するだけですから、新たな負担がないのがメリットです。
パウチや缶飲料などで販売されていますけど、家庭に水素水サーバーを設置すれば、家族で飲用できます。
誰にでも、糖尿病の発症リスクはありますから、水素水を活用して予防したいものです。
血糖値や血流障害にも好反応はコチラ