思春期にニキビがたくさん出来た人はそのニキビの質、ケアの仕方によって、その後長年跡が残ってしまう人もいるでしょう。
また、思春期にはニキビが出来なかったのに、ある程度の年齢になってからニキビに悩まされた人も、やはりその跡が気になってしまうでしょう。
ニキビも化膿して、かなり大きくなったものは痛いです。
治りかけは痒いです。
それで、どうしても自分の手で触ってしまって、悪い状態にしてしまう人も多いです。
しかし、このニキビ跡がなるべく残らないようにし、美しい素肌を守りましょう。
で、ニキビの跡を作らないようにするには、まずニキビが出来ないようにする事が大切です。
皮膚科に行って相談してみるのもおすすめです。
特に女性の場合は、生理周期も関係してくるので、基礎体温をつけるように言われる事もあります。
それと、食生活、普段の生活などの指導もあるかもしれません。
それでも、出来てしまったクレーターのようなニキビの跡の事も、皮膚科の医師に相談するか、美容外科という選択肢もあります。