先物取引は、穀物や貴金属などを決められたルールに沿って売買する約束です。
なぜ約束かというと、先物取引は商品ごとに指定されている期日までに必ず売買を実行しなければならないからです。
投資の基本パターンは株と同じです。
将来的に値上がりするか、値下がりするかを予想します。
自分が値上がりすると思った商品を買い、予想通り値上がりしたら売ります。
安い価格で買い、高くなったら売る、その差額が儲けです。
コムテックスに口座を開くと、今後値上がりが見込める商品や、そろそろ値下がりしそうだから売った方がいい商品についての市況情報を定期的に受け取れるので、大いに参考になります。
プロの証券マンの見立ては大筋で当たりますから、コムテックスの情報は貴重です。
先物取引で売買する商品は、6ヶ月か1年で清算というルールがあるのが最大の特徴になります。
株は購入すると生涯持ち続けることができます。
先物取引はそれができないので、コムテックスからのプロのアドバイスは有効なのです。