毛根が弱くなってくると、髪の毛が生えてくる力も弱くなってくるものです。
生活習慣の乱れ、栄養不足、ストレス、ヘアサイクルの乱れなどが原因となり、頭皮環境を悪化させることは少なくありません。
多くの女性は、お肌のケアは丁寧に行っていますが、頭皮ケアに対しては不十分となっているのです。
目に見えない部位であり、髪の毛があって目立たないというのも理由なのでしょう。
頭皮が乾燥したり、皮脂の分泌が過剰になったりすると、最初は特に問題がありませんが、だんだんと脱毛が増えていき、やがて薄毛状態になってしまうのです。
若いころは頭皮も強く、生活習慣が乱れてもすぐに頭皮・髪の毛には影響が出ませんが、年齢を重ねるほど頭皮は弱くなり、薄毛になりやすくなります。
頭皮を強くするためには、薬用の育毛剤が役立つでしょう。
薬効成分を配合し、ダメージを受けた頭皮に直接働きかけることができます。
頭皮が元気になってくると、髪の毛のコシが復活してきて、ボリュームも回復してくるでしょう。