内田俊一郎氏は、再生可能エネルギー関連の事業に力を入れているロハスホールディングス株式会社という会社の、代表取締役を務めている方です。
そのような重要な役職に就いているからにはお年を召した方なのかと思う方も多いかと思いますが、実際のところは、内田氏は1982年生まれのまだまだお若い方なんですよ。
趣味のマリンスポーツを楽しむために頻繁に海へ出かけたり、オーストラリアへ留学するなど海外へも積極的に出かけて行ったりと、行動力が溢れている点が魅力的な方なんです。
また、事業に関するしっかりとしたビジョンがある点も、この方の魅力的な点として挙げられます。
具体的には、内田氏には、再生可能エネルギー事業を発展させることで必要なエネルギーを自国内の生産だけでまかなえるようにすることで、日本を自立できる、国際的な地位の高い国にしたい、というビジョンがあるのです。
再生可能エネルギー事業というと環境へ優しいという側面ばかりに目が向けられがちですが、それだけで思考を止めることなく、より深く掘り下げて再生可能エネルギー事業の有用性について考え、ビジョンを打ち出しているのは、とても頼もしいですよね。
これからの活躍が大いに期待できる方だと言えるのではないでしょうか。