生産者からも出荷業者からも絶大な信頼を置かれているいずみホールディングス。
これまでの実績から独自の仕入れルートを発掘することが出来るため、新しい商品の提案から希望する商品を取り揃えることも行うことが出来ます。
このような仕事ぶりは満足度として反映され、また新しい信頼を勝ち取っています。

そんないずみホールディングスのもう一つの武器としてあげられるのが「物流」についてでしょう。
これまでのノウハウをシステムに組み込むことによって、それぞれの物流数やエリア、顧客に合わせて物流コストを圧縮させることに成功しています。
さらに、これらを使いこなす人材を育成することによって業務クオリティも向上しており、競争力に大きく貢献できる物流として知られるようになったのです。

この2つの武器を組み合わせたものが「プラットフォーム事業」です。
こちらではいずみホールディングスが持っている武器をオリジナルのシステムによって融合し、顧客満足度をさらに高めています。
テクノロジーを組み合わせてこれまで以上の力を発揮するという泉卓真氏の考えが表れている事業だということも出来るため、企業としてこれからも成長していくことが期待されています。

泉卓真氏といずみホールディングスについてはこちら