その昔、初めて月に降り立ったアポロ11号。
この月面着陸を支えたコンピューターは
当時の最新の技術をつぎ込まれて作られていましたが、
それからもうすぐ半世紀たとうとしている現在。
各家庭にあるパソコンはその性能をはるかに超えているらしい。
ということは大げさな言い方をすれば、
家にあるパソコンで月に行く事だって出来る。
ということにはならないだろうか?
現実的には不可能ですが、
それぐらいの性能があるコンピューターを
インターネット見るだけに使うのは
フェラーリで買い物に行くようなもの、もったいない。
そのパソコンでCGを作ればどうだろうか?
コンピューターの有効活用とまではいかないが
画面上で月に行くことは出来る。
CGといえば難しそうな感じもしますが、
ちゃんと順番をおって講座を受ければば
最短3ヶ月で一通りの学習をすることが出来るのです。
しかも、コンピューターの勉強だけあって、
オンラインでの受講。
学校まで通う必要もなければ、いつでも受講できるし。
学校に通うよりも安価でしっかりと勉強できます。
基本の操作スキルから本格的な3DCG製作技術まで
自分のペースにあわせて最短3ヶ月から12ヶ月での習得。
CG講座の学習を終えれば画面上で月に行くのも自由自在。
家で本領を発揮していないパソコンをフルに使って
行きたくてもいけないところにCGで行ってみてはいかがですか?