離婚をする際にお互いの思いが一致してすんなり合意できれば問題ありませんが、そうすんなり行くケースは少ないでしょう。
そうなると、遺産分割など当人同士の話し合いでは解決できないケースが出てきます。
そこで特に裁判沙汰になる場合には、弁護士に相談してお互いの希望・客観的にみてどのようにするのか決めていくことがひとつの手段となります。
弁護士に離婚問題について相談する場合、その後当人同士が直接話をすることはありません。
あくまで弁護士を通して話をするので、その場の気持ちだけでやりとりするのではなく、冷静に考えて結論を出すことが可能となります。
また弁護士と相談しながら話を進めることが出来るので一人よがりの考えで進めてしまうリスクもなくなります。